幸福の滝・恋愛成就の滝と呼ばれる2本滝 兵庫県「原不動滝」

兵庫県波賀町にある「原不動滝」。「メイプルタウンはが」・・・カエデの町、波賀町は、その名の通り、素晴らしい紅葉を見せてくれます。
日本の滝百選「原不動滝」は、男滝と女滝からなり、男滝は落差88mと県下最大の名滝である。女滝は源流を異にして男滝に寄り添うように
同じ滝壺に流れていて、そのことから『幸福の滝』『恋愛成就の滝』とも言われているとのこと。駐車場から徒歩で15分、入場料200円払う。かえで橋を渡って、少し急な斜面の階段を上ると現れる眺望場所がある奥かえで橋まで遊歩道が整備されているのがうれしい。

2014_1116_133102-P1050824

不動滝の由来は昔(年代不明)、道範と道槇という僧がいて、あるとき金色の飛龍が美しい渓谷に姿を消しました。僧はその飛龍を神の化身「本尊倶利伽羅不動明王」であると思い、その渓谷の滝に身を打たせ荒行を続けたと伝えられ、そのことから不動滝と呼ばれるようになりました。

原不動滝は3段の流れになっており、総落差は88Mの立派な滝である。1段目は写真では分かりにくいが小さな落差の滝で、2段目が主瀑とも言える優雅さと豪快さを兼ね備えた立派な滝である。岩肌をいく筋にも水が伝って落ちていき、最後は滝壺に水しぶきをあげながら落ちていく。そしてさらに滝壺からあふれだした水が3段目の滝となってさらに下の川へと落ちて行く。

2014_1116_133449-P1050828

原不動滝が夫婦円満の滝・恋愛成就の滝とも呼ばれる所以はこの3段目にあるのである。滝壺から流れる滝の横に寄り添うように左からもう
一本滝がかかっているのであるが、これはまったく別の川の流れなのである。右側が男滝、左側は女滝とそれぞれ名前がつけられ、別々の道を歩んできた男女が一つの川となって流れていくのがまさに縁結びの滝なのである。

2014_1116_134056-P1050830

橋の上で、優美な滝の流れをゆっくり眺めて時の流れを感じてみるのがいい。

弘法大師が聖地とあがめた渓谷の錦秋美を 兵庫県「天滝」

兵庫県大屋町「天滝」の駐車場から歩くこと1.2KM。「幼少の子をおぶってのぼり、滝にお参りすると、その子はいつまでも健康でいられる」という伝説が残っている名曝「天滝」。「日本の滝百選」に選ばれている落差98Mの天滝のその美しさはまるで天から降り注ぐ聖水のように清らかです。1996年度のNHK連続テレビ小説「ふたりっ子」のオープニングに登場した滝である。この天滝は古く「大和長谷寺縁起」や「役の行者本記」にも書かれ、また、昔。弘法大師・空海が滝の荘厳な様子に感動て聖地とあがめたほどで、弘法大師が仏運興隆の地を求めて全国行脚した際、滝の霊気に打たれて「この地こそ仏陀の我に恵み給いし聖地」と谷の数をかぞえたところ千に一つ足らなかったため、居を高野山に求めた・・・・との伝説が残っているとのこと。

2014_1116_120608-P1050812

「森林浴の森100選」にも指定されている天滝渓谷1.2KMの森林浴を楽しむ。車を降りて、沢から届く水音を聞きながら登山道を登る。登り始めてすぐ、「しのびの滝」という岩肌を流れる美しい滝に出合い、20分も登ると渓谷美を堪能できる「ミリオン渓谷」に着く。さらに15分、「鼓ヶ滝」という大きな滝が目に飛び込んできた。

2014_1116_123859-P1050823

さらに5分後、轟音の中に立っていた。目の前の「天滝」は、切り立った岩のてっぺんから水が勢いよく噴き出しまるで天かた降り注ぐように、風が飛沫を舞い上がらせている。登り詰めて汗ばんだ体を飛沫まじりの涼風が優しく包み、暑さをい一瞬にして忘れることができる。じわじわとすがすがしさが込み上げてくる。紅葉に彩られた滝と渓谷の美しさを満喫したのである。

2014_1116_122233-P1050817

糸滝・夫婦滝や鼓ヶ滝等、大小7つの滝を見て、最後に目の前に現れる天滝は感動ものであった。

清々しい若返りの滝のパワーに癒される!岐阜県「養老の滝」

日本の滝100選に選ばれ、しかも日光の華厳の滝、和歌山の那智の滝とともに日本三大滝と呼ばれる孝子物語でも有名なのが「養老の滝」です。

古今著聞集の中にある「孝子物語」は、孝行者の樵(源丞内)が老父の為に汲んだ滝の水が酒となり、それを飲んだ老父がみるみる若返ったという養老伝説が有名な昔話である。この話が都まで伝わり、、717年には、元正天皇がこの地へ行幸され、お気にめされた天皇が年号を「養老」に改元されたという史実が残っているとのことです。

2012_0624_120649-P1020445

その滝へは駐車場からゆっくり歩いて約30分。滝谷と呼ばれる川に沿った滝までの遊歩道を歩く。途中には名物のひょうたんや養老サイダーを売るレトロな土産店が立ち並び、なだらかな登り坂を飽きることなく歩が進む。土産店が途切れるあたりに、養老山地から湧き出るミネラルを多く含んだ名水「菊水泉」に出会う。環境庁名水百選にも選ばれており、水を手に取り口に含むとクセのないやや硬めの清清しい味がする。

2012_0624_115729-P1020444

菊水泉から滝まではちょっと急な登りで10分程度。名瀑といわれる多くの滝が遠望を余儀なくされる地形にあるものだが、この滝は滝壷まで容易に近づけ滝から発生するマイナスイオンを体いっぱいに浴びることができる。高さ30Mの高さから清冽な滝の本流とマイナスイオンミストともいえる冷たい飛沫がシャワーのように降り注いでくる。

2012_0624_121425-P1020450

滝の下に立ち両手を広げて深呼吸すれば、滝のパワーが体の隅々まで行く渡る様で「若返りの滝」とはこのマイナスイオン効果だったのかと納得がいくのである。

晴れていても滝壺近くは台風状態 岐阜県白鳥「阿弥陀ヶ滝」

国道156号を道の駅「白鳥」から県道314号に入り「見たか聞いたかあみだが滝を、滝の高さとあの音を」と、 郡上踊りの歌でも知られるのが「阿弥陀ヶ滝」です。霊峰白山を源とする長良川最上流に流れ落ち、白山 開祖泰澄大師により発見されたというこの滝は、当初その名を長滝と名付けられ長滝白山神社の由緒とも 言われています。

2016_0529_103742-P1100906

駐車場から滝つぼまでは、石畳の散策道が整備され、10分程歩く程度で、あっというまに到着します。 鬱蒼とした木々の間から真直ぐに流れ落ちる「阿弥陀ヶ滝」は落差約60Mもあり、「日本の滝100選」、
「岐阜県の名水50選」にも選ばれているまさに東海の名瀑です。滝壺から少し離れた場所でも舞い上がる 水しぶきが、木陰とともに清涼感あふれる別天地を創っています。「阿弥陀ヶ滝」という名前の由来は、 白山中宮長滝寺の僧、道雅法師が滝の北側の洞窟で修行していたところ、目の前に阿弥陀如来の姿が浮かび あがった事からその名がついたといわれています。その後は滝修行の名所としても知られていたとのことで、 ごうごうと音を立てて流れ落ちるその姿は圧巻です。

_20160601_214412